突然動けなくなった高齢者の疾患で整形外科に行く

高齢者になると身体的な運動機能の老化もあり、いろいろなことが出来なくなることもあります。歩行がスムーズでなくなる。躓きやすくなり、転倒する。また腰の痛みがある、腰が曲がってくるなどです。

これは老化の減少に伴うものなので、ある意味仕方がないと言えるでしょう。中には基礎疾患が別にあり、それを治療をすることによって改善をすることが出来ますが、多くの場合は、今の残存機能を生かしてリハビリを行って維持をしながら生活を行っていくしかないのです。その整形外科でよく見られる疾患として、高齢者の腰部圧迫骨折というものがあります。これは腰部に圧力がかかることにより骨折をして急に腰部に強い痛みが発生する、また立ち上がれなくなるといった症状が出てくるのです。

そしてこれが原因で病院に救急搬送されるという高齢者も少なくありません。整形外科を受診すると圧迫骨折の治療の場合は安静にすることが一番の治療になるために、入院をすることがほとんどです。はじめは安静を保つためにトイレに行くこともできないことが多いでしょう。そして整形外科の医師の指示のもとでベット上でのリハビリが進められていくのです。

安静を保持すると腰部の痛みは自然に改善をしていきます。その改善の程度を見ながら、少しずつベットを離れる練習が始まります。トイレに行く、体を起こす。ご飯を食べるなど、一つ一つの段階を得て、離床を目指すことが整形外科において一番重要なことなのです。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.