骨折で整形外科に入院をする

骨折はよく聞く症状ですが、実際に骨折をしたことがある人はあまりいないのではないでしょうか?でも学校にギプスを巻いて治療をしている人がいつも何人かしたような気もしますよね。整形外科において骨折は珍しい病気ではありません。外傷性の骨折もあります。交通事故による骨折もあります。

また時には疲労骨折というものあるのです。これらの治療をする場合には、入院をする人とそうでない人がいますよね。それはいったい何が異なるのでしょうか。骨折により入院する場合は、骨がどの程度ずれているかということがひとつのポイントになります。

またその骨折には外傷が伴うかどうかも大きなポイントですね。骨折の原因やその時の状況により、骨が大きくずれていることがあります。骨のずれがあまりない場合は、ギプスで固定をすればいいだけなので、整形外科の外来で対処することが出来るでしょう。しかし、ずれがあった場合には手術をして骨の位置を強制する、また骨通しをプレートなどによって正しい位置で固定をするなどの手術療法が必要になるのです。

また外傷を伴っている場合には、そこから感染などをしないように傷の治療をしながら骨折の治療をする必要がありますね。これらを整形ではすべて検討しながら、入院治療が必要かどうかを判断していくのです。骨折は決して珍しくはありませんが、その治療法は大きく異なります。また個人の骨折の状態によって、整形外科に入院するべきかどうかを判断されるのです。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.