目に関する美容整形の種類について

目の美容整形として、リスクが少なく手軽なものに埋没法があります。まぶたの裏に糸を入れてひっぱることで二重のように線を入れる方法です。線がきつく残らず自然な二重を作ることができ、術後の腫れも少ないです。もし出来ばえが気に入らない場合も糸をはずせば元に戻すことが可能です。

この他、劣化の心配をしなくてもいい美容整形として二重切開があり、より広い二重やくっきりとした奥二重にしたい方のために眉下切開があります。眉下切開は、眉と目の間にある皮膚を切り取って縫い付ける方法で、余った皮膚がなくなることで眉と目の距離を狭くすることができます。目と目の距離を狭くしたい場合は、目頭切開があります。この方法は切れ長に見える目にしたい方に特におすすめですが、やりすぎてしまうと不自然になるので注意しましょう。

目が腫れぼったいことがコンプレックスならば、美容整形でまぶたの脂肪を吸引する方法があります。脂肪が吸引されることで目がすっきりして開きやすくなり、まつげも上向きになるため逆まつげを解消できます。目を開く力がもっとほしい方は、上眼瞼挙筋を短くする方法と、切らずに筋肉を折りたたむことで糸を使って止めるようにする方法が存在します。このような美容整形は元に戻しやすい方法や、戻すことが難しい方法があるため手術行う場合はリスクについて詳しい話を聞いておきましょう。

修正したい箇所があれば、術後にどんな事ができるか確認するのは大切です。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.